変額保険について【資産運用に特化しているがデメリットも理解しよう】

もし仮に将来の年金不安があり老後の安心した生活のため資産運用を考えているなら、保険という商品はあまりふさわしくないかもしれません。

しかしそのような資産運用に特化した保険商品が存在します。それが変額保険だと思います。変額保険とは読んで字のごとく死亡保険金や満期保険金の額が変動する保険商品のことです。

保険料リスク:死亡保険金は払込保険料額を最低保障

保険会社は保険契約者より預かった保険料を運用することとなっていますが、その運用実績に応じて受け取ることの出来る保険金が変動するのです。運用実績によっては、解約返戻金や受取年金額が払い込んだ保険料額を下回ることもあり、ハイリスクハイリターンな投資に似た金融商品であるといえます。

保険契約者から預かった保険料の一部を株や債権などで運用しその運用実績に基づいて保険金等の金額が変動するのですが、もちろん他の定額保険と同じ勘定ではなく、変額保険は特別勘定で運用されその損益等投資リスクはすべて契約者に帰属します。

元手は自らが出しそれを運用のプロに任せるので、保険という名前のついた投資信託とも言えるでしょう。

参考:変額保険か投資信託か【財テク初心者、資産運用するなら?】

変額年金保険の年金の額は、運用実績によっては払い込んだ保険料の総額を下回る可能性もありますが、万一の際の死亡保険金はたいていの場合既払込保険料相当額が最低保証されているのでそう言った意味では投資信託よりも安心と言えます。

バブル崩壊期は最悪の事態に:ハイリスクハイリターンの怖さ

ただ、この変額保険についてはその投機性やリスクの高さから販売に二の足を踏んだり販売を取りやめた保険会社も多く、かつては訴訟も起こったほどでした。

かつて社会問題にまで発展した変額保険に関わる訴訟について述べたいと思います。バブル期~バブル崩壊期に販売されていた保険商品になるのですが、相続対策を主旨においた融資一体型の変額保険が銀行と保険会社により当時さかんに販売されました。

当時のバブル経済の煽りによる不動産価格の急騰のため、土地を所有する高齢者にとっては有効な相続税対策としての商品であるという名目での大々的な募集が行われました。

その融資一体型変額保険とは、保険料全額に相当する金額の融資を受け一時払いで保険へ加入→融資の借入金の利息は貸し増し→死亡時に死亡保険金を用いて融資の元金及び利子の返済を行うといったものでした。

もちろん変額保険であるので保険の運用次第では有効な相続税対策となる可能性があるし、また逆に巨額の損失を保険契約者が負わせる可能性もあるといったやはりハイリスクハイリターンな商品でした。

周知のようにバブル経済が崩壊するとともに変額保険の運用状況が極端に悪化の一途を辿り、解約返戻金が元本を大幅に割り込みました。

この変額保険は融資と一体化しており元々保険契約者は借金を背負った状態での加入だったことに加え、マイナス分は保険契約者の負担となるので当時運用益のマイナス分をもろに被った多額の借金を背負い自殺者まで出て訴訟まで起こるという事態にまで発展しました。

 良い点だけを誇張した販売:リスクを理解し慎重に

ただし、保険のトラブルはいつだって説明不足に起因するものが多いのですが、この変額も保険の事例も同様です。変額保険の有利な点ばかりが強調され、運用実績によっては契約者がマイナス分を自己負担となるというデメリットとリスクについては正しい認識がなされることなく多数の契約への加入がありました。

もちろんバブル崩壊による運用実績の著しい悪化など予測の範囲外かもしれませんが、それでも変額保険のような投機性の高い商品は一般的な保険と比べてデメリットが大きいのでより慎重な説明が必要になるはずです。

 過去の教訓から学ぶ:資産運用は、自己責任と心得て

つまり、商品の有利な点ばかりを強調した強硬な保険募集に対しての訴訟が数多くなされました。司法的には一部生保・銀行側の過失を認めるという判決がなされましたが、十分に契約者を保護したものとは到底言えません。

しかし自己責任という考え方ももっとも一理あると言えます。やはり契約者は自らの身を守るための理論武装、しっかりとした金融知識を身に付けることが、この事例からも鑑みるに最も重要であると言えるのではないでしょうか。

保険の無料相談窓口を利用しよう

保険については、保険のプロであるFP(フィナンシャルプランナー)に相談するのがおすすめです。

最近では全国に保険の無料相談窓口の店舗があり、予約をすれば無料で相談してもらえます。

全国の保険店舗を検索

あなたにとって必要な保証を維持しつつ、保険料を節約するテクニックや保険の見直しについてもアドバイスしてくれますので、保険の悩みをすっきりさせたい方は思い切って相談しましょう。

何を相談していいかわからないという人がほとんどなのですが、そういった方もカウンセリングを受けることでどれたけ今まで無駄な保険料を払い続けていたか、また、今加入している保険では必要な保証を受けられない契約であるということが判明するケースが多いです。相談するだけでも保険に関する考え方が大きく変わります。無料ですので一度試してみるといいでしょう。








「何を相談していいかわからない」という方のほとんどの人が保険料を無駄に払い続けています。保険料の無駄がないか、必要な保証は受けられるのか、めんどうくさがらずに保険の専門家フィナンシャルプランナーに無料相談をするのがおすすめです。

⇒無料でFPによる保険相談を受ける。



           

お役に立てましたらシェアお願いいたしますm(__)m