マニュライフ生命の評判、強みについて【低解約返戻金型終身保険「こだわり終身保険」】

マニュライフ生命保険は日本国内で登録をしている生命保険会社です。

マニュライフとはカナダに本拠を置く大手金融サービス「マニュライフ・フィナンシャル」グループの生命保険会社です。我が国日本においては1999年に事業を再開し、2001年の第百生命の破綻を受け生命保険契約者保護機構の援助を得てその受け皿会社となりました。(マニュライフ生命の就職・転職情報はリクナビNEXTへ)


Sponer Link


マニュライフ生命とは:格付けAA以上で信頼がおける

マニュライフグループは創業120年を超える老舗の生命保険会社であり、日本においては実は1901年に営業を開始しました。その後勃発した第二次世界大戦のため契約をいったん国内の保険会社に移転してから半世紀マニュライフ生命は日本において営業を行っていませんでした。

再び日本での営業を開始したのは先ほど述べた1999年になってからでした。マニュライフグループは大手格付け機関より長らくAA以上の格付けであることから、堅実な経営を行っている信頼のおける企業であることは間違いありません。

マニュライフ生命保険といえば貯蓄性商品に定評があり、どちらかというと富裕層向けの貯蓄性保険を営業職員がコンサルティングセールスしているという印象です。

主要な販売チャネルは営業職員による対面販売チャネルであり、国内漢字生保のような生保レディというよりも、どちらかというとソニー生命保険のようなライフプランナーに近い営業職員による対面販売を行っています。

ではこのマニュライフ生命はどんな商品を取り扱っており、どういった強みがあるのでしょうか。

商品・強み:為替リスクにも対応できる営業職員のアフターフォロー

マニュライフ生命保険は代理店チャネルと銀行窓販チャネルにおいても保険販売を行っていますが、やはり営業職員によるコンサルティングセールスを主要な販売チャネルとしているため、その商品もコンサルティングセールスを要するものを販売しています。

たとえば資産運用の典型ともいえる個人年金保険(あしたの年金など)は一般的にいう個人年金保険とは異なる、いわば投資信託と類似した変額年金保険であり、株価の下落や為替の変動によっては年金額が既払い込み保険料を下回り損害を生じるというリスクを伴う商品であるため、しっかりとした説明と決め細やかなアフターフォローのできる専門的知識を有する営業職員によるコンサルティングセールスがふさわしい商品といえるでしょう。

したがってこのコンサルティング力のある営業職員という販売チャネルがマニュライフ生命の強みであるといえます。

またほかにも貯蓄性保障性保険のひとつであるアカウント型保険を販売していますが、マニュライフ生命保険においておすすめしたい商品は解約前提の低解約返戻金型終身保険こだわり終身保険」です。

貯蓄性保険のいかに貯蓄ができるかを示す指標である返戻率は外資系やダイレクト系には劣るものの、それでも低解約返戻金型であるため高水準の返戻率であることから非常にお勧めできる貯蓄性商品であるといえます。

こだわり終身保険のメリット:三大疾病時保険料免除特約

もちろんこの商品をお勧めする理由は高い返戻率のみにあるわけではありません。

付加できる特約に三大疾病時保険料免除特約があり、この特約がユニークであるからです。

三大疾病時保険料免除特約というくらいなので三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)に罹患した際に以降の保険料の払い込みが免除されるということは容易に想像できるかと思いますが、この「こだわり終身保険」の三大疾病時保険料免除特約は三大疾病に罹患しこの特約により保険料の払い込みが免除となると同時に全保険期間の保険料をすべて払い込んだものとみなされます。

つまり三大疾病に罹患した時点で保険期間満了時に受け取ることができる一時金を受け取ることができるのです。

保険を選ぶ前に保険のプロに相談を

マニュライフ生命についての詳しい情報、あなたにとっての最適な保険の選択については保険のプロに相談することがおすすめです。

どうしても自分一人で調べるだけでは情報が偏ってしまい、最適な保険を選ぶことができません。本気で最適な保険を探しているのであれば、面倒くさがらずに無料保険相談を受けましょう。

保険相談会社の保険見直しラボ相談を受けても保険に入らなくても良い」という安心利用が評判です。

⇒自分の最適な保険を選ぶ「保険見直しラボ」 








「何を相談していいかわからない」という方のほとんどの人が保険料を無駄に払い続けています。保険料の無駄がないか、必要な保証は受けられるのか、めんどうくさがらずに保険の専門家フィナンシャルプランナーに無料相談をするのがおすすめです。

⇒無料でFPによる保険相談を受ける。



           

お役に立てましたらシェアお願いいたしますm(__)m